マユゲのホーチョー

化粧品売り場にて…

「マユゲのホーチョーありますか?」(*^o^*)
えっ、なに?マユゲのホーチョー?
マユゲ?ホーチョー?
太田には確かにマユゲのホーチョーと聞こえたが、こんな日本語は普通にありえない。(^_^;

「メイマオ(méi máo)は日本語マユゲでしょ?」
そうだよ。眉毛(méi máo)の日本語は眉毛(マユゲ)だよ。
アイブロウが欲しいの?

「アイブロウなにね?」
眉毛の化粧品が欲しいの?眉毛を書くやつとか?

「違うね。ホーチョーね!」*^o^)ノ
ホーチョー?包丁?

…化粧品売り場に包丁は関係ないしなぁ…
ひょっとしてもしかして補助?ホーチョーじゃなくてホジョ?
ん、でも、眉毛の補助ってなんだ?ペンシル?ブラシ?
眉毛を書くのが欲しいの?

「違うね。補助じゃないね。書くじゃないね。」
じゃ~なに?ナニ?

「ホーチョーみたいのね!」*^o^)ノ
ホーチョーみたい…?
そもそも、そのホーチョーってのが意味不明なんだよね。
ホーチョーっていったいなに?

「分からないね。いいね、自分で探すね」
是非ともそうしてください。
マユゲのホーチョーとか言われてもねぇ…(^_^;

…しばらく化粧品売り場を探し回る奥様…

「あったね!これ日本語なんですか?」*^o^)ノ
カ、カミソリ…( ̄□ ̄;)!!
たしかに包丁みたいな形だ。

カリンちゃん、これはカミソリって言うんだよ。
ほら、ここに眉毛剃りって書いてあるでしょ。
眉毛を剃るカミソリだから眉毛剃り。

「包丁じゃないですね」(^o^;
そりゃそ~だ。眉毛を包丁で剃る人なんていないよ!( ̄▽ ̄;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*