食文化の違い

ほっかほか亭のコマーシャルを見た奥様…

「中華丼、おいしいですか?」
あれ、中華丼って食べたことなかったっけ?
う~ん…そういえば、太田も中華丼って、もう何年も食べてないような気がするな。
日本人の太田が食べないんだから、中国人の奥様が食べたことないのは当然といえば当然だよね。
(※注、中国に中華丼というメニューは無い。そもそも『丼』という漢字が中国には存在しない。)

「日本おもしろい料理いっぱいね!中国人と日本人、食べる違うね。」
まぁね、元が同じ料理でも、違う国にいくと違った発展をするからね。

「私ね、日本人がラーメンとチャーハンを一緒に食べるの初めて見たとき、すごいビックリしたね!」
アハハ…それはよく聞く話だね。
あと、ラーメンと餃子を一緒に食べる日本人は不思議だとかね!(^_^;

「日本人おもしろいね!」*^o^)ノ
おもしろいっていうか、それが日本の食文化なんだよ。
それをいったら、お粥と油条を一緒に食べる中国人も、日本人から見たらおもしろいよ。

「なんでおもしろいね?」
だって、お粥はご飯でしょ。油条はパン。
ご飯のおかずがパンなんて、日本なら絶対にありえないメニューだよ。

「お粥はご飯じゃないね!」
じゃ~なに?

「…コメ…」(-o-;
随分と自身なさそうに言うねぇ。。。
どっちにしても米とパンは一緒に食べないよ。

「油条はパンじゃないね!」
まだ言うかね。(^_^;
じゃ~油条っていったい何?

「…揚げたパン…」(-o-;
プッ!(^m^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*