天ぷら

最近、奥様は日本食に凝っている。
日本に来たばかりの頃は味噌汁さえ飲めなかったのだから素晴らしい進歩だ。世界中どこに行っても適応しちゃう中国人って、やっぱりすごいなぁ…。お見事!
とはいっても、さすがに自分で天ぷらを作ったことがない奥様、今日が天ぷら作り初挑戦。

太田がもくもくと仕事をしてるさなか、キッチンでは奥様が天ぷらを作り始めた。
「ジュ~…バチバチ…バチバチ
な、なんかすごい音がしてるなぁ…大丈夫かいな?

「アイヤ~!」
アイヤ~!って…いったい何をしてるんだ?なんかと戦ってるのか?

「アイヨ~!」
う、うるさいなぁ…なんで天ぷら作るのにそんなに騒いでるんだよぉ?

うるさすぎて仕事にならないのでキッチンを覗いてみる。
鍋の前で半分腰が引けた奥様、再び何かを鍋の中にブチ込むとまたまたバチバチ!とこりゃまた凄い音。
奥様は「アヨョ…アヨョ!」とか言いながらキッチンの中を走り回ってる。
新しいギャグか?それとも中国特有の天ぷらを揚げるときの儀式なのか?

「誠一、これ油すごいね。天ぷらすごい危ないね」
う~ん…天ぷらが危ないんじゃなくって、奥様が危ないんだと思う…いろんな意味で!
っていうか、いったい何を揚げてるの?

「野菜揚げてるね」
いや…そうじゃなくてさ、野菜だってことは見れば判るよ。太田が聞きたいのは、なぜキュウリに衣をつけて揚げてるのかってことだよ。

「キュウリは駄目ですか?誠一、野菜でも肉でもなんでもいいって言ったね」
う~ん…たしかにそうは言ったけど、キュウリの天ぷらってのはいかがなものかと… (^_^;
あとさ、ちょっと聞いてもいい?ここに用意してあるトマトと大根は何?まさかこれも揚げる気じゃないよね?

「駄目ですか?」
すごい駄目でしょ!そんな天ぷら、日本人なら普通に食わないよ。たぶん飢えたコヨーテだって食べない。 (^_^;

しょうがないので、っていうか、このままじゃいったい何を食わされるか分かったもんじゃないので、太田が天ぷらを作る。

「お~ぉ、誠一天ぷら上手ねぇ!」
あたりまえじゃん。日本人なんだから。

「トマトひとつだけ作ってみるね」
だ、だからトマトは駄目だって言ってるでしょ!(¯□¯;)!!

太田の静止も聞かず、トマトを鍋にぶち込む奥様…

「アイヨ~!アイヤ~!」

今度は二人でキッチンを逃げ回る。
なぜ忠告を無視する?嫌がらせか?日本への抗議行動か?

かなり危険な体験の天ぷら作りは無事に(?)終了した。
テーブルにのった半分不味そうな山盛りの天ぷらは、見事なくらいに食欲をなくしてくれる。
それでもエビとイカの天ぷらは美味しくできている。シイタケやナスもまぁまぁの出来だ。初めて作ったわりには上出来だ。ちゃんとカラっと揚がってるし。
太田が作った春菊の天ぷらもゴボウの天ぷらも美味しい。
で、でもなぁ…このキュウリの天ぷら、いったい誰が食べるんだ? (^_^;

One Response to 天ぷら

  1. 太田さんの日記面白すぎます。公共の場で読むと怪しい人と間違えられてしまいそうですが、ニコチン並みの中毒性があり、困ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

キャプチャ画像
画像のリフレッシュ

*