ローストチキン

クリスマス、我が家では丸ごと一羽のローストチキンを買う。
丸ごと一羽は食べ辛いということで敬遠する人が多いが、太田はなんたって丸ごと一羽にこだわる。
なんでかって~と、ただたんに見た目だけの理由でだ。
そりゃ~たしかにケンタッキーやローストチキンレッグの方が食べやすいだろうが、やっぱ丸ごと一羽のほうがクリスマスっぽい雰囲気があってよろしいのだ。

で、今年も丸ごと一羽のローストチキンを朝っぱらからゲット!
チキン大好きの太田はルンルンしながら仕事をサボり倒していた。
そこへスーパー大学生のKちゃんが太田の狭っ苦しいオフィスにやってきた。

「せ~いち~!ローストチキン作ったよ~!」
えっ!ローストチキンだって?

「売ってるのより全然美味しいんだから~!」
た、たしかに彼女は料理の天才である。売ってるのより遥かに美味しいのは容易に想像がつく。
しかし…丸ごと2羽のローストチキンを2人家族でどないせ~っちゅうねん!
一人一羽もローストチキンを食うんかい?

「大丈夫、大丈夫!せーいちチキン大好きじゃない!カリンさんも好きでしょ?」
ま、ま~ね!うちは夫婦揃ってチキン大好きだから没問題さ~!

そんなこんなで夜も更けて…ケーキを買ってとっとと帰宅。
ケーキも用意したし、オードブルもサラダもスープも作った。
シャンパンも用意したし、準備万端さ!
そこへちょうど奥様が帰ってきた。
テーブルの上の料理を見た奥様はこう言った…

「お正月までチキン食べるですか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

キャプチャ画像
画像のリフレッシュ

*