海の日

「今度の月曜日、海の日ですね。」(^o^)
お、海の日なんて、よく知ってるね。

「カレンダーに海の日って書いてますね。」
あ、そっ!(^_^;

「海の日、何ね?」
何って…海の日は海の日だよ。

「なんで海の日ね?」
なんでって…海の日だから。(;^_^A

「海の日、何しますか?お祭りあるですか?」
さ、さぁ…海沿いの街なら、お祭りもあるかもね。

「海の日、何食べるですか?」
さ、さぁ…特に決まった料理はないんじゃ…?

「誠一、本当に日本人ですか?なんで何も知らないね?海の日、日本の祭日ですね!」*¯0¯)ノ
そ、そんなこと言われても…(;^_^A
っていうか、海の日は『祭日』じゃなくて『祝日』ね。
太田が子供の頃は海の日って祝日はなかったよ。新しく出来たの。

「海の日、祭日じゃないですか?でもカレンダー、海の日も赤いですね。」
休みは祭日と祝日があるんだよ。

「海の日、誰作ったね?いつ作ったね?」
えっと…偉い人!(¯▽¯;
そういえば、海の日っていつ制定されたんだっけ?
海の日って、国民の祝日に制定される前からあったもんなのか?
海の日って、もしかして伝統あるもんなのか?
海の日って、なんで7月の第3月曜日なんだ?
海の日って、なんか特別なイベントあるのか?
海の日って、なんか特別な料理があるのか?
日本人なのに、本当に何も知らない。
ただ休みってだけで、何も考えてなかった。(-_-;
…っていうか、海の日は『寿司を食べる』ってことにしておけば良かったなぁ。。。

※海の日

海の日は、日本の国民の祝日の一つ。
国民の祝日に関する法律(祝日法)では「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。
元々は「海の記念日」という記念日だったが、1996年から国民の祝日「海の日」になった。
第1回「海の記念日」は、明治天皇が明治9年東北ご巡幸の帰途、灯台視察船『明治丸』で、青森から函館を経て横浜にご安着された日に由来する。
昭和16年以来、7月20日は「海の記念日」として、全国各地でいろいろな行事が開催されてきた。
近年になって国民の祝日「海の日」を設けようとの国民運動が大いに盛り上がり、その結果、平成7年2月に国民の祝日に関する法律の一部改正が行われ、平成8年から7月20日が国民の祝日「海の日」として制定された。
当初は7月20日だったが、祝日法の改正により平成15年から7月第3月曜日となった。
世界中で『海の日』を国民の祝日としている国は日本だけという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*